ホーム > ニュース > 業界ニュース > ガラスの焼成プロセスとは何ですか?
証明書
ベストセラー製品
お問い合わせ
会社名:青島鸿翔ファニュ貿易有限公司住所:青島M陵路2号室1701号室Tel:0086-18300250107 + 86-15864262692、+ 86-18663659299 
お問い合わせ
共有リンク

ニュース

ガラスの焼成プロセスとは何ですか?

  • 著者:ファンユ
  • ソース:Https://www.glass.com.cn
  • 公開::2018-08-29
特定の状況下で、製剤、性能および焼成処理材料との間の関係は、焼結を予熱発泡、フォーム安定化段階などをアニールすることにより発泡プロセスシステム大きいです。

図1は、予熱:バッチ処理を予熱することは、主に化学的結合水、自由水及び吸着水オフだけでなく、不十分な熱伝導性成形体であり、直接高温加熱を焼結して、発泡していない炭素表面の酸化を引き起こします均等にこのため、室温から400℃の間では、昇温速度は通常5〜8k / minであり、400℃で20〜30分間保持します。

図2に示すように、焼結が:グリーン体は、予熱焼成温度(650〜750℃)まで急速に加熱し、急速加熱の目的は、発泡剤の過度の分解を防止し、気相の急激な増加に伴ってグリーン体を加熱しますエスケープすることなく体内に包まれ、より多くの気相が得られる。焼結工程では、昇温速度は、一般的に8〜10K /分、発泡温度、発泡温度まで加熱された10〜15K /分の速度で(750 ~1000℃)発泡発泡後の焼結体であります泡立ちを容易にするために、一定時間(15〜50分)加熱してください。

図3に示すように、安定した泡は:発泡が完了すると、ブランクが速く、一般に、15〜20K /分で、その目的は迅速に固定製造することである細孔構造を冷却し、約600℃まで急速に冷却されます。

アニーリング:ブランクの急速冷却により応力が発生するが、応力を除去するために、温度を600℃で20〜35分間維持し、徐々に室温まで冷却する。発泡ガラスの熱伝導率が低いため、その焼鈍冷却速度は通常のガラスの冷却速度よりもはるかに遅く、総焼鈍冷却時間は一般に24時間を超える。